UA-294150569-1

西尾 赤馬太鼓鈴:松田民芸品

西尾 赤馬太鼓鈴 (1)

入手場所:松田民芸品
愛知県西尾市八ツ面町尾屋敷78
TEL:0563-56-3574

直径5cmほど。
素焼きの肌が残る太鼓型の丸い土鈴。
同じ西尾市の郷土玩具「吉良の赤馬」の絵が描かれ、手作りの温もりが感じられる作品。

西尾 赤馬太鼓鈴 (3)

時は元禄時代。
忠臣蔵で有名な吉良上野介義央公は赤馬に乗って領内を視察していたそうで、その赤馬をモチーフに作られたのが「吉良の赤馬」という郷土玩具。
この太鼓鈴に描かれている赤馬はリアルな姿では無く、郷土玩具の赤馬が描かれている所が楽しい。

松田さんはこの土鈴の他に雲母を練り込んでキラキラ光る「きらら鈴」も製作されている。
西尾市の古名「吉良荘(きらのしょう)」は古くから良質の雲母の産地。
江戸時代、雲母は西尾藩の専売品となっていたそうだ。

そして「きらら(雲母=うんも)」は吉良氏の語源という事が分かった。

同封の栞によると…
吉良上野介義央公の祖、足利義氏は承久の乱の戦功により三河の国の守護職に任ぜられた。当時この地が「きらら(雲母)」の産地だった事から吉良と改姓した。
と書かれている。

赤馬土鈴

元々は足利姓だったのに、きららの産地だったので吉良姓に…
吉良は“きらら”の吉良だったのか~!

これは、いい事を知った。
12月(忠臣蔵の時期)になったら誰かに自慢してやろう。

赤馬



東京・大阪・京都・名古屋・福岡などを結ぶ格安夜行バス!24時間予約OK!

※還暦を過ぎました。
16年前から続けているブログ「笑い豚2」もよろしくお願いします。
ようやく500万アクセスを超えました。
http://waraibuta2.blog.fc2.com/

クリックで繋がる「絆」を励みに更新を続けております。
よろしければバナーをクリックして応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ      
  PVアクセスランキング にほんブログ村   このエントリーをはてなブックマークに追加
最後まで読んで下さり ありがとうございました♪


ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!

関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.