仙台 蘇民将来:木ノ下薬師堂

木ノ下薬師堂 蘇民将来 (3)

入手場所:木ノ下薬師堂
宮城県仙台市若林区木ノ下2-8-28
TEL:022-256-1883


【ブログランキングに参加しています】
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  
2つのバナーをポチッと押して応援よろしくお願いします( •ᴗ• )⸝


長さ2.5cm、赤や緑、黄色に彩色されたメッチャ可愛い蘇民将来(そみんしょうらい)。
八角形の頭部に「ソミンショウライ」とカタカナで書かれている(丁度8文字)
全国に数ある蘇民将来の中で一番小さいのではないだろうか?

木ノ下薬師堂 蘇民将来 (1)


この蘇民将来が授与されている「木ノ下薬師堂 (仁王門)」は
慶長12年(1607年)、伊達政宗が陸奥国分寺跡に創建したもの。
仁王門は陸奥国分寺創建時に南大門が建っていたところとされ、門内には金剛力士像が安置されている。

木ノ下薬師堂 蘇民将来 (2)






陸奥国分寺周辺は古来より宮城野と呼ばれ、「古今集」に「宮城野の木荒の小萩露をおもみ 風をまつごと君をこそ待て」と詠まれたように宮城野萩の名でも知られている。
「蘇民将来」は祭以外の日にも、常時、薬師堂で授与されていた。


蘇民将来の由来は…
昔「素戔鳴命(スサノオノミコト)」が旅の途中、道に迷い困っていました。
宿を求め、裕福な「巨旦将来」のお宅を伺ったのですが断られてしまいました、次に伺った貧乏な「蘇民将来」のお宅では歓迎されたそうです。
貧乏にもかかわらずもてなしてくれた事を喜んだ「スサノオノミコト」は、その見返りとして…

「今後、玄関に【蘇民将来の家】と明示しておけば、子孫を災難から免かれさせてあげます」と約束してくれたそうです。

その後、村に疫病が流行し、巨旦将来一家を含め村人全員が死亡したのですが、蘇民一家だけは「蘇民将来子孫也」の門標を掲げていた為無事だったそうです。
それ以降この地の人々は、蘇民の子孫であるとして「蘇民将来子孫」を玄関に吊る風習が生まれました。

木ノ下薬師堂 蘇民将来 (63)

入手日:2000年3月12日
※掲載されている内容は当時のものです、情報が古い場合がありますのでご了承下さい。


【笑い豚2】
60代。酒場を知り尽くした男の飲んだくれブログ。
http://waraibuta2.blog.fc2.com/




ペピイは、ペット用品通販やペットの獣医師コラム、ペットのSNSなど、ペットの総合情報サイト



最後まで読んで下さり ありがとうございました♪
よろしければバナーをクリックして応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ      
  PVアクセスランキング にほんブログ村   このエントリーをはてなブックマークに追加



ご自宅に眠っているものを高値で買い取り
まずは無料見積もりフォームから簡単査定!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3HI9VZ+5R6W2I+3EMG+1HLNLF

ブロトピ:今日のブログ更新


ブロトピ:ブログ更新しました!


ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!


ブロトピ:ブログ更新しました


ブロトピ:ブログ更新しました


スポンサーサイト