UA-294150569-1

赤毛の子守:尾崎人形保存会



入手場所:山響屋
福岡県福岡市中央区今泉2-1-55
TEL:092-753-9402


バナー↓をポチポチッとお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ









いにしえより佐賀県神埼市で作られている尾崎人形。
こちらの「赤毛の子守」は高さ11.5cmほどの土笛。
カラフルな傘を持った赤ちゃんを赤毛の人(外人さん?)が抱いている。
それにしても…

この傘はアーノルド・パーマーのワンポイントみたいだねぇ。

赤毛さんは目がアルファベットの「T」のように描かれているので泣いているようにも見える。
この人形は足の裏に穴が開いた土笛なので自立は難しい。
なので、横に寝かせて撮影したら肝心の「赤毛」が写らず「坊主頭」みたいになってしまった。
素焼きの部分に口をあて息を吹いてみると、哀愁漂う素朴な音色が響く…



同封の栞に「尾崎人形」の事が書かれていた。

【尾崎人形の由来】
伝承によると「弘安4年(1281年)蒙古が襲来した元寇(弘安の役)の際、捕虜になった蒙古軍の兵隊が人形を作って吹き鳴らし、遠い祖国を偲んだ。そして技術は地元民に伝わり、焼き物が盛んになった」と伝えられています。
この焼き物はやがて尾崎焼として、瓦、火鉢、鉢物類を焼くようになり、江戸時代には佐賀藩から幕府への献上品の一つになりました。
尾崎焼の人形作りは、一時途絶えた時期もありましたが尾崎西分地区の「尾崎人形保存会」の手によって再開され、現在も存続されています。




この文献から推測すると、赤毛の人は故郷のモンゴル人なのかなぁ?
いずれにせよ、素朴な中にもカラフルなパラソルが印象的な土人形だ。


入手日:2022年8月20日
※掲載されている内容は当時のものです、情報が古い場合がありますのでご了承下さい。



【笑い豚2】
60代。酒場を知り尽くした男の飲んだくれブログ。
http://waraibuta2.blog.fc2.com/


最後まで読んで下さり ありがとうございました
バナー↓をポチポチポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ









PVアクセスランキング にほんブログ村


国内旅行 - ブログ村ハッシュタグ


関連記事
スポンサーサイト