UA-294150569-1

三原明神だるま:三原だるま工房

三原だるま (1)

入手場所:うきしろロビー観光案内所
広島県三原市城町1-1-1
TEL:0848-67-5877


バナー↓をポチポチッとお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ






広島県郷土玩具ツアー。
尾道観光をした後は三原市にやって来た、瀬戸内海に面した風光明媚な街だ。
筆影山や佛通寺などの歴史的な名所や蛸を使った料理や“やっさ祭り”などの独特な文化が楽しめる。

JR三原駅の改札を出ると構内の即売所で「三原だるま」が展示販売されていた。
その奥(三原駅南口の東端)にあるのが「うきしろロビー観光案内所」

三原だるま工房 (1)


三原だるま工房 (2)

ショーケースの中には大小さまざまな「三原だるま」が並んでいる。

三原だるま工房 (22)

いろいろな顔立ちの達磨がある中…
広島県にゆかりのある芸能人(アンガールズ・東ちづる,etc.)が描いた達磨もあり、見ているだけで楽しくなってくる。

三原だるま工房 (15)

ショーケースの上には「G7広島サミット三原だるま」が展示されていて、だるまのお腹に参加した国々の国旗が描かれていた。

三原だるま工房 (13)

一体一体、表情が違うのが手作りの良いところ。
どの達磨にしようか迷っていると、職員さんがとても親切に応対してくれた。

三原だるま (7)

購入した「三原だるま」は高さ7.5cmほど。
髭を生やしキリッとした顔立ちの男だるま。
頭が細長く豆絞りの鉢巻をしているのが特徴的。

同封の栞によると…

【三原だるま】
「願いが成るように」と鳴り物の鈴や小石を入れ、頭が細長く豆絞りの鉢巻をしているのが特徴です。
人のこぶし大のだるまを「握りだるま」といいます。神明市でそのだるまを家族の人数分買い求め、だるまの裏にめいめいの名前を書いて神棚に供え、毎朝そのだるまをみて、家人一人ひとりの安全と繁栄を祈ったという言い伝えがあります。

と書かれていた通り、達磨を振ると「カラカラ」と音がする。
起き上がりだけではなく、音でも楽しめる三原だるま。

三原だるま (16)

江戸時代に疫病を払うものとして作り始め、後に下級武士の副業として発展。
いつしか三原市の伝統行事である「神明市」で三原だるまを売るようになった。
「神明市」は別名「だるま市」とも呼ばれ三原市の名物になっている。

三原だるま工房 (7)


三原だるま

そんな三原市、とても“見晴らし”の良い街だった。

お後がよろしいようで…



入手日:2023年9月22日
※掲載されている内容は当時のものです、情報が古い場合がありますのでご了承下さい。



【笑い豚2】
60代。酒場を知り尽くした男の飲んだくれブログ。
https://waraibuta2.blog.fc2.com/


最後まで読んで下さり ありがとうございました
バナー↓をポチポチポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ









PVアクセスランキング にほんブログ村


国内旅行 - ブログ村ハッシュタグ


関連記事
スポンサーサイト



Comment 0

There are no comments yet.